BLOG

いい思い出は盾だと思う。

2016/03/27

ちょっと個人的な話をさせてください。

昨日、わたしが個別指導塾で講師をしていた頃の同期と、お世話になった教室長の方に久しぶりにお会いしました。
数年ぶりだけど空気は全く変わっていなくて、すごく楽しかったです。

教室長の方は、褒めるのがうまいです。
うまいというのはどういうことかというと、相手に社交辞令と全く思わせないんです。
褒められたことに対して、自分も周りも「確かに…」と思わず納得してしまうんです。

それは、人のことをよく見ているからだと思います。
褒めるというのは、「相手のいいところを見つけてそれを伝える行為」だからです。
そしてそれが意識せず出来るというのは、ものすごい才能で魅力だなあと思います(偉そうですみません^^;)。

わたしが講師をしていた頃は、わたしにとってとても辛いことがたくさん起こった時期でした。
けれどその頃をどうにか乗り越えられた大きな要素に、講師をしていた時間があります。
自分には価値が無いのではないかと思いかけた時、教室長がわたしを信頼して生徒を任せていただき、たくさんわたしのいいところを見つけてくださったことは、わたしにとって自分を生かす大切な経験でした。

今でもその頃の記憶は、わたしを様々な辛いことから助け、守ってくれます。
これは、わたしにとって生きる上での盾です。

これは某漫画の受け売りですが、人のいいところがおにぎりの具のようなものだとすると、その具は背中についているのかもしれません。
背中についているから、自分からは見えません。
それを見つけて伝えることは、きっとその人にとってとても救いになることだなあと、改めて思った昨日でした。
…ま、わたし塩おにぎりも好きなんですけどね*(^o^)/*

 

昼間の塾 フレップ

TEL  050-3573-8256
MAIL frep222@yahoo.co.jp

フレップのfacebookページはこちら
http://on.fb.me/1jReAYE