BLOG

クラスに馴染む必要ってあるの?

2015/12/12

前回の日記の続きです。
(初めてiPhoneから投稿するため、読みにくかったらすみません)

 

さて、前回は、行事や集団行動でクラスに馴染めない子が、楽しく集団行動に参加出来るよう先生たちは指導するべきか?というところまで書きました。

 

そしてわたしは、それは少し違うのではないか?と考えています。

 

どういうことかというと、学校のクラスは、多くてもひとクラス40人程度です。
言い方を変えると、40人という少人数かつ同い年の子たちだけで構成された、ある意味「小さく」「特殊な」集団です。

 

そこに居場所を見出すことが出来る確率は、いったいどれくらいでしょうか。
(社会に出て同い年だけで構成された集団は殆どありませんよね。)

 

しかも子どもは、殆どの場合所属するクラスを自分で選ぶことは出来ません。
そんな空間で気の合う子を見つけて馴染んで一致団結なんて、出来ない子がいたって全く不思議ではありません。

 

では、最初に戻りますが先生や学校側はそんな子たちにどう声をかけたらいいのかというと、

 

「無理に馴染まなくてもいいんだよ」
そして
「クラス以外にも、あなたの居場所はたくさんあるんだよ」

 

この二つに尽きると思います。

 

今の日本の学校はとても閉鎖的です。
その中に子どもを留めておく必要がどこにあるのでしょうか。

 

ですのでわたしは、この記事を読んでいる全ての子に言いたいです。

 

 

「あなたの居場所は、学校以外にもあるんだよ。」

 

 

以上、フレップでした〜。

 

昼間の塾 フレップ

TEL  050-3573-8256
MAIL frep222@yahoo.co.jp

フレップのfacebookページはこちら
http://on.fb.me/1jReAYE