BLOG

「家では元気=学校に行ける」?

2015/11/26

今回は、保護者の方の「どうすればいいかわからない」という疑問の声の中から、わたしが気になったことについて考えてみようと思います。

テーマは「家で元気に過ごしているのになぜ学校に行けないのか」
 
まずわたしが思ったのは、たとえ家の中だけでも元気でよかった、ということです。
それは家が居心地のいい、安心できる居場所であるという何よりの証拠ではないでしょうか。
そんな居場所がひとつでもあることは、子どもにとっては(これは大人でも変わらないかもしれませんが)とても重要なことです。
 
不登校の子は単にサボっているわけではありません。
学校という場所にとても疲れてしまったり、傷を負って動けなくなっているのです。
学校という場所が怖いという子も多いと思います。
 
そんな子たちには心の休息が必要で、そんな時に休める場所があるのはせめてもの救いだと思います。
ただ、休息というのは身体の休息とは違い、寝込んだり栄養のあるものを食べるだけではなく、自分の好きなことや楽しいことをすることもこれに含まれるのです。
…大人でも、仕事に疲れたら週末は遊びに行ってストレス解消したりしますよね。
この「ストレス解消」こそが、心の休息には必要不可欠なのです。
 
ですので、家では元気だから「それなら学校に行きなさい」と言いたくなったら一度深呼吸して、今は心を回復している途中なんだと見守ってあげていただけたらと思います。
 
 
 

昼間の塾 フレップ

TEL  050-3573-8256
MAIL frep222@yahoo.co.jp

フレップのfacebookページはこちら
http://on.fb.me/1jReAYE