BLOG

ADHDの娘の通信制高校生活(保護者のあおさんより)

2022/03/17

こんにちは、花粉症シーズン真っ盛りのあおです。
3月となり、やっと落ち着きを取り戻しています。

 

今回は、通信制高校に在籍している長女のお話。
最近、また手のかかる事がありました。それは単位を1つ落とした事です。

 

まず、通信制高校の流れを説明しますと……
一例ですが、レポート→視聴表→スクーリング(1期2期3期)→単位取得試験→合格で単位取得となります。

 

長女はADHDを発症していることは以前お話致しました。
ただ見た目には分かりずらく、一緒に生活しているとあぁ~と気付く事が多いです。

 

そんな長女は、担任もADHDに対応して下さる先生を選んで対応して頂いてます。
それから約束で1、2学期中に終わらせる事となるべく私は間接的にかかわる事、子どもの自主性を重んじて口を挟まないようにしていました。


それでも、忘れたり、出来ない事もしばしば……
そんな時は、学校から私や最近では次女にご連絡頂いて対応もして頂いてます。

(次女は受験生だったので、学校見学がきっかけで塾長など顔見知りになった為)


・・・ですが、今回もうよう曲折はしていて結果的に1期のスクーリングを1つも受けなかった事とに2期で1つ受け残し、レポート&視聴表もギリギリ(いつもの事)。

3期では受け残しと他に取らなければならないものと重なり受けれず、来学年に1つ繰り越しとなりました。

 

その間にバイトを退職する事になり、大学の資金を貯める為改めてバイトをさがしてます。
今回の件もふくめて、福祉の手帳取得を目指そうと思います。

長女も福祉の手帳取得に納得しています。
バイトを辞めた後は、また昼夜逆転その他諸々……また戻って来ました。


注意しても生返事か無視……普通に話せる事もあるのにと思う、あおでした。