BLOG

不登校と高校進学と(保護者のあこさんより)

2019/04/13

あこです。

 

桜の花がきれいに咲き始めましたね。今日は高校進学に向けた我が家の動きをお伝えします!

母だけでもと、先に娘が行きたい通信制のサポート校へ見学に行ってきました。

仕事の合間に行ったので、少しの時間でしたが、

不登校であった子が頑張る力を応援してくれる学校でした。

一人ひとりに合わせたカリキュラムを作ってくれること、授業の中にクラブ活動があり、仲間を自然に作る時間があること、無理をさせないカリキュラムになっていて子どもたちの立場に立って下さるサポートが嬉しい学校でした。

あとは、4月以降娘も実際に行ってみて合うか合わないかを判断してみる段階です。

2年前の春は絶望が私にはありました。娘にも友達に対する絶望、学校に対する絶望感、それ以外に大人は嫌だという気持ち。母に対する不信感があり我が家は大袈裟でなく暗黒の霧が立ち込める毎日でした。

    前を向ける日なんてくるのか?トンネルには、出口なんてないと思いました。

しかし歩みをゆっくりにした娘と話し合うこと向き合うこと、待つことでそしてフレップでの仲間に支えられて、娘は少しずつでも、着実に変化して成長しました。

今では将来に対する希望やなりたい夢を考えられるようになりました。私にもそれを伝えてくれました。

『高校に入って卒業したい。』と言う気持ちがあること。

その気持ちは、嬉しくもあり、不安もないわけではないけどゆっくり進んで行く娘を応援していこうと改めて思えるようになった母です。

 

気持ちにも、余裕が生まれ笑うことが増えました。家族にも笑顔が増えてきました。妹も思春期に入り始め難しいですがうまく関わってくれたりまだまだぶつかりますが、今後の我が家も楽しみです。

又4月にも何かお話出来るといいなあと思います。