BLOG

2019/04/09

こんにちは。

あこです。

3月は春。でもいろいろな事が起こります。不登校ので娘にも色んな気持ちがあるようでした。

この時期はいつもなかなか眠れずにいます。。。

昼夜が逆転しがちですがフレップは頑張って通っています。

    さて先日、朴先生にもご同行していただいて、進級認定のための面談へ向かいました。

その時の事を書きたいと思います。

前日のブログでお伝えしていましたが、3月11日に面談へ行って来ました。

娘は、私がいるよりも朴先生が来て下さることが安心だったようで支度もささっとして一緒に出掛けてくれました。

いざ始まると。。。

校長先生を前に頭が真っ白になったようで緊張してガチガチでした。

今年1年頑張ってきたことは?

中3になってやりたいことは?

高校に進学するのはどうかんがえているか?

などを校長先生が娘の正面に座って質問していました。

気さくな感じでお話ししてくださったのですが、初対面であることと、頑張って足を運んだ娘にこの質問は必要なのかは疑問です。。。

朴先生は、フレップでの娘の様子を話してくださり大変助かりました。

母の私には家での様子を聞かれました。私は娘の成長ぶりを伝えました。

所要時間20分

最後に

『うちの学校の大切なお子さんの一人』と言って下さった校長先生でしたが、ちょっと違和感もありました。しかし、行かない娘に対しても理解を示そうとしてくださったことは感謝です。

娘は。。。

かなり疲労困憊。制服をきちんと着たのも久しぶりでした。

頑張りました。

これからもフレップでゆっくり

成長してほしいなあ。。。