BLOG

高校受験と思春期の心(保護者のあこさんより)

2018/12/04

高校受験と思春期の心

 

こんにちは

秋になり、すぐそこまで来ている冬の気配に少し嬉しくもドキドキしているあこです。

冬は空気が澄んで夜空の星がとてもきれいに見えます。幸せを感じるひとときです。

輝く夜空を子どもたちと見ながら、はく息が白くなるのをわくわくしながら何度も子どもたちと見てはしゃいだのが懐かしいです。

澄んだ夜空のように子どもの心の中が見えにくくなったのはいつからでしょう??

     うちは、上の子は小学生四年生の半ばからでしたが。。。今は始まりが早い分いくらかおちつき少し雲の切れ目から星が見える?位になってきました。

中2の娘は、このところ高校にいくことについて考えています。

不登校の自分が無理なく行ける。

又高卒としてきちんと卒業資格を取れる学校がいい。

自分が勉強についていけるのか?

など不安や悩みはつきないようですが。。。単純にかわいい制服来てみたい、帰り道に友達とお茶したいと言う今時の女子の気持ちも見え隠れするようになりました。

    我が家では娘と、話し合いながら、

チャレンジ枠での進学、どんなところでも良いから普通の高校、通信制のサポート校、私立も含め只今模索しておりますが、私は、サポート校でのんびりと学び、今後も本人のペースで社会に適応するのが娘には良いのかなあと思っております。

まだ全ては見学にも行けてはいませんが、色々調べてそう思っています。

 

娘が前向きになり、未来に期待を持てることが幸せ。

     高校は、とにかく本人が一番

行きたいところに行ければ幸せ。

幸せの中心は娘の意思で、私はそれを応援する。そうするとワクワクしてウキウキして、家の中の雰囲気が良くなる。

そんな風に思えるようになった、

母としての自分を褒めてあげようと思うのでした。

     皆さんはどんな風にお子様たちとご家庭でお話ししていらっしゃるのかとても聞いてみたいあこでした。保護者会になかなか忙しく行けておらずですが、機会ございましたら是非情報交換したいなあと思っております。。。

 

あこでした。