活動日記

お知らせ詳細

【お知らせ】8/19 #不登校は不幸じゃない イベント開催します


この度、8/19(日)に全国同時開催のイベント「#不登校は不幸じゃない」に、駆け込みでフレップも参加することに致しました!(不登校は不幸じゃないin東京都八王子市)
 
・「#不登校は不幸じゃない」って?
8月19日(日)13時〜17時100ヶ所で全国同日開催
 
開催趣旨(主催者より)
9月1日、夏休みあけが子供の自殺が1番多い。
夏休み中に不登校同士が繋がるきっかけを作り、仲間を作る。
不登校の経験者の話や当事者同士の交流する時間を作り、学校という居場所にこだわらない、嫌だったら行かなくていいよ。というメッセージを伝えたい。
 
・参加対象
学校が辛いお子さんやその保護者(現在不登校であるかどうかは問いません)。および、元不登校の経験がある人。
 
・場所
フレップの教室(ホームページ下に地図があります)
 
・参加費 
無料
 
・申し込み
不要。当日ふらっと来てOKです。また、時間内ならいつ来ていつ帰っても構いません。
ただ、入口が大変分かりにくいので、初めて来る方はフレップまでお電話ください。
 
・内容
特に仕切りません。ゲーム(スマブラ・スプラ・マリカーあるよ)、卓球、ダーツ、お絵かき、トランプ…出来ること多いね、と評判です^^
 
・持ち物
指定のものは特にありません。逆に、危険物の類い以外は何を持ってきても構いません。
 
ーーーーーーー
 
発起人 小幡和輝の #不登校は不幸じゃない ムーブメントへの想い
 
「学校に行きたくない。」
 
僕は不登校でした。正直、学校の楽しい思い出はありません。
学校に友達はいなかったけど、僕には不登校のいとこがいました。不登校の友達がいました。いま振り返って思うのは、不登校になった先に居場所があるかどうか。それが、とても大切だということ。
不登校は大丈夫だけど、引きこもりは良くないと思っています。
たくさんの当事者と会うなかで感じるのは、学校に行かなくなっても友達がいる子、行かなくなったあとは1人で家に閉じこもっちゃう子。
やっぱり友達が居る子の方が明るいんだよね。人とほとんど会わなくなるといろいろ問題が出てくる。
笑い方がわかんなくなっちゃったって話も聞いたりするし、それは僕にも思い当たるところがある。これはさすがに良くないので、不登校になったあとの先をどうやって作るかが重要だ。
感情的に「辛かったら行かなくていいよ。」というのは簡単だけど、僕は論理的にも「辛かったら行かなくていいよ。」って言いたいです。学校に行くのはあくまで選択肢。行かないという選択もあっていい。
そんな想いで自分のやれることをいろいろやってきましたが、今年は大きく仕掛けたいと思っています。
 
9月1日、夏休みあけ。子どもの自殺が多くなる。そんなバカなことがあってたまるか。不登校を肯定するムーブメントを作ります。
小幡和輝 オフィシャルブログより
【PV】
【動画リレー】
脳科学者 茂木健一郎さん
漫画家 あんじゅ先生

昼間の塾 フレップ

TEL  050-3573-8256
MAIL frep222@yahoo.co.jp

フレップのfacebookページはこちら
http://on.fb.me/1jReAYE
  • facebook
  • twitter