活動日記

活動日記詳細

《仲の良い他人との付き合い方》


*先日フレップに遊びに来てくれたFUMIさんが、ブログに記事を寄稿してくれました!*
 
 
こんにちは。未來先生と数年前からお付き合いがあるFUMIです。
先日、フレップにお邪魔しました。またいつか伺える日があれば、気軽に話しかけて欲しいです。
 
今日はわたしの気まぐれで他人との付き合い方、向き合い方について書いてみようと思います。
ここまででも、読んでくれてる方、どうもありがとうございます。
 
突然ですけど、みなさんには仲良し、あるいは、信頼できる友達はいますか?
わたしには、幸いにも、数人わたしを支えてくれる友人がいます。日々感謝しております。
しかし、急に突き放すようですが、どれだけ仲が良くて信頼していても、結局自分とは別の生き物ですから、他人です。血の繋がりとか細かい設定もありますが、言って仕舞えば、親や兄弟も別の個体で、自分でない他人だ、とわたしは感じることがあります。
だから、人数分の考え方があって、みんなが同じなんてことないんですよね。
そんな他人とどう付き合っていくか、実はとても難しいことだと思います。自分と相入れない面も我慢したりする時も必ずでて来ます。
だからよく言う、表面上の付き合いだけ、というのでも、けっこう精神を使っているものなのですよね。ましてや、気の置けない仲の友人の自分とは異なる面に遭遇した時は、少なからず心の中で葛藤するはずです。意見とかそんな大きなことじゃなくても、習慣とか、癖とか、言葉遣いとか、ほんの少しのことだけでも、ひっかかることが私にはしょっちゅうあります。笑
なのに、簡単に相手を嫌いにならない理由は何だろう、と、ふと考えたのですが、それに対する1つの答えの可能性をみつけました。
なぜ、相手を嫌わず、友人のまま仲良くやっていけるか、それは、
『相手が自分の長所や自分の性格の一部を肯定してくれるから』
 
肯定されることが全てだとは言いません。でも、相手から肯定されると、やはり笑顔が隠せないものではないでしょうか。嬉しいと感じてしまうのではないでしょうか。相手は自分を見て、自分を見つけてくれた。それに対していい印象を持ってくれた。中々容易に起こる現象ではないです。とわたしは考えております。
なぜ、こんな風に思ったかというと、簡単です。私が、最近、大切な人にそういってもらえたからです。
『周りの人や、FUMIのことをよく知らない人には分からなくても、自分は、FUMIをよく見てる。だから、大丈夫だよ。』と。
心に響きました。染み渡るようでした。私はこういってくれる存在がいるだけで恵まれてると思います。でも、みなさんにも絶対いるはずなのです。
むしろ身近で、探す必要があると思います。どんな人でもいい。友人、恋人、親、兄弟。自分を見つけてくれる人は必ずいます。いないと感じてしまったあなたは、フレップでもなんでもいい。怖いかもしれないけど、小さなsosを、誰か近くの人に、発信してみて。自分の殻にこもっているだけでは、あなたの他人に対する、そして、自分に対するモヤモヤはいつまでも、消えずに溜まってしまいます。それだけは絶対に良くない。悩むのは悪いことではないけれど、身体と心が疲れてしまうのは悪いことです。
 
1人じゃ生きていけない現代、他人と関わるのがとても難しいですが、今日も1人でも多くの人が笑顔で自分にほんの少し、誰かが私をみてくれる、っていう自信を持てますように。
 
2017.3  FUMI
 

昼間の塾 フレップ

TEL  050-3573-8256
MAIL frep222@yahoo.co.jp

フレップのfacebookページはこちら
http://on.fb.me/1jReAYE
  • facebook
  • twitter